NOEVIR GROUP RECRUITING SITENOEVIR GROUP RECRUITING SITE

グループ社員座談会 ノエビア×常盤薬品工業 先輩社員 クロストークグループ社員座談会

幅広い領域で魅力ある商品・サービスを創造するノエビアグループ。
就職活動をする方にとってはグループの特長はもちろんのこと、
グループのワークスタイルや社風、働く環境など、知りたいことがたくさんあるはず。
そこで、ノエビアと常盤薬品工業の4名の先輩社員に、仕事や職場環境などについて本音で語ってもらいました。

MEMBERS

自然志向のポリシーと活気ある職場に惹かれる

入社した決め手

学生の頃から化粧品が大好きで、就職活動は化粧品メーカーに絞っていました。もともと敏感肌だったので、常盤薬品工業の臨床皮膚医学に基づいた化粧品ブランド「ノブ」に関心を持つようになりました。また理系出身ということもあり、「ノブ」の主な営業先である医療機関と関わることにも興味がわきました。

学生時代はずっと野球に打ち込んでいて、正直なところ、どんな仕事をしたいのかというイメージを持てずにいました。そんな時テレビで女性がメイクをしてもらう「ビフォー・アフター」のコーナーを見て、「化粧品はこんなに人をイキイキさせる力があるのか」と、化粧品業界に興味を持つようになりました。

いろいろな化粧品メーカーがある中で、どうして常盤薬品工業を志望されたのですか?

pic

私は常盤薬品工業のサナ事業部を志望したのですが、サナ事業部のブランドは商品の質にこだわりながらも遊び心の要素があって、そんな商品をつくっている会社なら自分の感性を生かし、楽しく働けるのではないかと思いました。

独自性の高い商品が多くあるのはノエビアグループの特長ですね。私はノエビアに入社しましたが、きれいになるだけでなく、安全・安心を大切にしているところに魅力を感じました。

私も同じです。肌へのやさしさや安全・安心を第一に訴求したものや、機能性や効果・効能を訴求したものなど、さまざまな化粧品があります。そのような中、「自然を科学する」というノエビアの企業ポリシーのインパクトが強かった。「ここならやりがいを持って商品開発ができる」と思いました。

同じ化粧品メーカーでも、それぞれカラーが違いますよね。私がノエビアの面接を受けた時は、対応してくださった先輩社員がすごくイキイキとしていて「なんて素敵なんだろう!」と思いました。他のメーカーの面接も受けましたが、ノエビアの先輩社員のキラキラ感は私にはとても印象に残りました(笑)。

私も入社前に先輩社員とお話をさせていただいた時に、本音で会社や仕事について話してくださり、自由な社風に魅力を感じました。実際に明るく活気がある会社で、働きだしてからのギャップはありませんでした。

私が所属するサナ事業部は活気があり過ぎて・・・・。他部署の皆さんに迷惑をかけていたらすみません(笑)。しかし、上司や同僚と協力し合い、日々楽しく、切磋琢磨しながら仕事ができる環境に感謝しています。

成功も失敗も成長のエネルギーになる

若手社員の活躍

今の若手社員の活躍について話す前に、それぞれの入社当時の様子を聞いてみたいですね。私は商品開発の右も左も分からない状態で、指導役の先輩をはじめ、まわりの方々に指導をしていただきました。専門的な知識はもちろんですが、PDCAサイクルといった研究開発を進めるうえで基本となる姿勢を教わったことが、その後のキャリアに役立っています。

期待と不安が入り混じった状態でしたが、先輩方がやさしく迎え入れてくださったおかげで、スムーズに職場に馴染めました。仕事に関してはまだ勉強中です。

入社当時は人見知りで、お客さまの前で話すのが苦手だったのですが、先輩が親身になってロープレの指導をしてくださったおかげで克服することができました。こうした経験があるので、私も後輩のサポートは大切にしています。

新人の頃は「先輩に追いつけ・追い越せ」と、とにかくがむしゃらでした。今振り返ると、勢いだけだった新人を先輩たちがしっかりサポートしてくださっていたことが分かります。目標となる多くの先輩社員が近くにて、のびのび働ける職場環境は当社の大きな魅力です。

そうですね。入社してしばらくは先輩や上司のお取引先さま訪問に同行させていただくのですが、人によってアプローチの仕方がまったく違っていて驚きました。
そして、自分の営業スタイルをつくれることに魅力を感じました。今は先輩方を参考にして、自分に合ったスタイルを模索しているところです。

pic

よく「今の若い人は自分の考えを表に出さない」と言われますが、ノエビアグループの若手社員に関しては当てはまらないと感じています。会議やプレゼンテーションの場でもしっかりと自分の考えや意見を発信しています。私は仕事柄ノエビアと常盤薬品工業の両方の部署に関わりますが、どちらにも共通していると感じますね。

キャリアに関係なく成長のチャンスがあることが大きいですよね。私自身もたくさんのチャンスをいただき、成長することができました。どんなに小さなことでも自分でやりきったという成功体験が、自信や仕事の楽しさ、やりがいにつながります。そうやって成長していく後輩を見ると嬉しく感じると同時に、刺激をもらっています。

失敗からも多くのことを学べるので、指導をする際はできる限り若手社員の自主性を尊重するように心がけています。

pic

ブランドコンセプトやお客さまに最適なスタイルでアプローチ

それぞれの仕事

グループ内でも会社や事業部が異なると、同じ営業職であっても業務内容が違うのが興味深いです。私が所属する常盤薬品工業サナ事業部の総合職(営業)は、主に化粧品の卸売業者さま、あるいはドラッグストアさまやバラエティショップさまの本部にアプローチします。そして各店舗さまへのフォローは、ビジネスサポート職(ラウンダー)が担っています。

同じく常盤薬品工業ノブ事業部の総合職(営業)は、病院さまや調剤薬局さまなどの医療機関が主な取引先となり、直接営業社員が病院のドクターや薬局の薬剤師を訪問し、現場のニーズを情報収集しています。

ノエビアと常盤薬品工業では、お客さまに商品を提案する基本的なところは同じですが、対象となるお客さまの領域や業態は異なりますね。ノエビアの営業は、販売代理店さまにアプローチし、一緒に営業戦略や販売企画を考え販売代理店さまの顧客への販売を推進していく営業と、ノエビア直営店舗での施術サービスを通した一般のお客さまへの対面販売と、ふたつの軸があります。私は総合職(営業)として、販売代理店さまへの提案、販売支援などを行っています。

pic

商品開発はグループ総合研究所で、ノエビア、常盤薬品工業問わずボーダレスに行っています。私も両社の商品開発に携わってきました。グループとしては双方の特色や強みを活用するメリットや業務効率化にもつながり、商品開発に携わる者にとっては幅広い領域の商品に関われる魅力があります。私は最近、ノエビアの商品開発から常盤薬品工業の商品企画に異動しました。ポジションが変わると今まで見えなかったことも見えるようになり新鮮な気持ちです。今はできる限り自分の経験を今の業務に活かしたいと思っています。

私たち常盤薬品工業の「サナ」の営業は新商品が発売されると商品企画の方から商品情報をレクチャーしていただくのですが、もしかしたら今後石川さんに教えていただくかもしれないですね。その際はよろしくお願いします(笑)。

ノエビアの場合は新商品が発売される際、研究員の方が私たち営業や販売代理店さまに商品の特性などをレクチャーしてくださいます。スペシャリストから科学的根拠などを交えながら説明していただくことで商品の理解が深まり、提案にも説得力が増します。

常盤薬品工業の「ノブ」ブランドの場合は事業部内に学術部門があり、研究員の方と連携して私たち営業やお客さまにレクチャーしてくださいます。商品情報の周知ひとつとってもさまざまなかたちがあり、多くの部署が協力し合っているところがすごく興味深いです。

こうした多様性もノエビアグループの強みといえますね。

ライフステージごとにそれぞれが自分らしく輝ける

ワークライフバランスについて

ワークライフバランスについては、会社にかかわらずすべての社員が仕事もプライベートも充実させることができる環境です。毎日の勤務に関しては、忙しい時期には残業もありますが、毎週水曜日は定時退社推奨日とし、計画的な有給休暇取得を推奨しています。

上司からは無駄な残業は避け、計画的に業務に取り組むよう言われます。

働き方改革もあり、その辺りは徹底されていますね。

私は小さな子どもがいるので定時で帰らせていただいています。ノエビアグループには育児休暇に加えて時短勤務もあり、女性社員が出産後もキャリアを継続できる体制が整っていると感じます。制度面だけでなく、子どもが体調をくずした時や学校行事がある時は、まわりの方々がサポートしてくださることがありがたいです。また、まとまった休みをとりやすく、家族旅行を計画できるのも嬉しいですね。

私にも小さな子どもがいて、休日は家族一緒に過ごしています。子どもが生まれるまでしていた草野球は、しばらくお休みです(笑)。

pic

私も育児が一段落したら、趣味のゴルフをしたり、食生活アドバイザーやファイナルシャルプランナーの資格取得にチャレンジしたいと思っています。でも、今は子どもたちの成長を見守ることがいちばんの喜びです。

私の子どもは高校生と中学生なのですが、今でもクラブ活動の応援に行くなど子ども中心の生活ですよ。家族とたくさんの時間を共有できるのは本当に嬉しいことだと思います。

私はまだ独身ですが、東さんのように仕事と育児を両立させて活躍されている先輩が目標です。個人的には最近、演劇サークルに入り、休日は発表会に向けて練習をしています。仕事以外のことに打ち込むことでリフレッシュして、「また頑張ろう」という気持ちになります。

ノエビアグループには実現させたいワクワクがある

これからの目標

今は営業担当として早く一人前になることが目標です。将来的には商品企画や販促物の制作も経験したいと考えています。

マネジメント力を磨いて支店長になりたいと思っています。ノエビアグループは本当に若手にチャンスがあるので、これから入社される方もどんどんチャレンジしてほしいと思います!

多くの女性が自信を持ち、自分らしく輝けるお手伝いができればと思っています。女性社員が仕事と育児を両立させながら活躍できることを、自分自身がモデルとなって知ってもらえれば嬉しいですね。

これまでの経験を活かして新たなブランドを立ち上げ、主力ブランドを超えるヒット商品を生みだしたいです。若手にもチャンスを与えてくれるノエビアグループで、ぜひ自分の力を思いきり発揮してください!

pic