NOEVIR GROUP RECRUITING SITENOEVIR GROUP RECRUITING SITE

pic pic

常盤薬品工業

総合職(マーケティング)
田島 奏Tajima Kanade

マーケティング統括部 部長
2011年入社

ニーズに合った商品を生みだし、
今以上に市場にときめきを届けたい

入社の決め手

学生の頃から化粧品が大好きで、毎日のようにクチコミサイトで新商品をチェックしてはお店に買いに行くような生活をしていました。仕事も興味のある分野でと強く思っていたので、化粧品メーカーに絞って就職活動をしました。その中でも、私はドラッグストアやバラエティショップで商品を自ら選んで購入するのが特に好きだったので、セルフ化粧品を取り扱っているメーカーを希望していたんです。当社の「なめらか本舗」や「excel」を愛用していたこともあって親しみがあり、毎回インパクトのある商品を発売していたので、「就職するならここだ!」と思いました。
pic

仕事の内容

化粧品ブランド「excel」の商品開発を行うプランナーと、マーケティング統括部 部長業務を兼任しています。プランナーの仕事は、商品の企画立ち上げから発売まで、すべての過程の軸となる役割を担っています。一つの商品が世に出るまでの過程においては、デザイナー、販売促進、処方開発を行う研究所、宣伝など、さまざまな部署の協力が必要になります。そのため、社内で最も多くの人や部署と関わる職種かもしれません。
各部署の意見や知見を活かしながら、ブランドや商品のコンセプトを軸にプランナーが多方面の調整を行い、商品の発売に向け仕上げていきます。
pic

やりがい・醍醐味

仕事で重視しているのは、プランナーとしてのこだわりを持ちながら、常に自分の企画を客観視して「これがベストなのか」と疑いを持つこと。「本当にこれがベストな配色か?」「容器のサイズはもう数ミリ小さいほうが持ちやすいかも」など、ありとあらゆる角度から客観視することで、常にもっと良く出来る部分がないかを探します。
微調整レベルの改良を何度も何度も行いますので、発売された商品がお客さまに支持され、SNSで「色が絶妙!」「デザインがかわいい」といったコメントをいただいた時は、チーム全員で喜び爆発です!

pic

ノエビアグループで働く魅力

デザイナー部門と研究所がある化粧品会社は実はさほど多くないため、中身から見た目まで一貫したモノづくりができる体制が整っていることも当社の特長であり魅力だと感じています。
また、何よりも素晴らしいと感じるのは、人です。キャリアを問わず明るくてやさしく、快活な方が多く、笑顔が絶えない職場です。そして、一人ひとりが個性を発揮しながら、ひとつの目標に向かって一丸となる姿勢が根づいています。女性が多い職場ですが、ドラマのようなドロドロ感は一切ありません(笑)。皆が「いいものを作りたい」という同じ方向を向いていて、意見交換も活発です。この雰囲気こそが、人々をワクワクさせる商品を生み出せる礎となっていると思います。
pic

今後の目標

現在担当している「excel」は、30年以上の歴史を持つブランドです。このブランドを今後さらに成長させることと、まったく新しいブランドを立ち上げるというふたつの目標を持っています。また、先日マーケティング統括部の部長を拝命しました。プランナー職は継続しつつ、マーケティング全般を統括する役割を兼任することとなり重責ではありますが、プランナーの実務経験を生かし、皆でさらにワクワクするものづくりが出来るような仕組みや環境づくりに取り組んでいきたいと考えています。

ONE DAY SCHEDULE
一日のスケジュール

8:50
出社・
メールチェック

9:00
新商品の
処方サンプル使用

サンプル品を実際に使い、使用感など細かな点を確認。

10:00
各新商品の
開発進捗状況の確認

10:30
新商品の
デザイン協議

デザイナーとデザインの方向性を検討。

12:00
昼休憩

13:00
打ち合わせ

販促チームとプロモーション什器の打ち合わせ

14:00
打ち合わせ

業者さまとの打ち合わせ

15:00
原案作成

パッケージ原案作成、商品名・色名のアイデア出し

17:00
評価・改善

朝に試用したサンプルの評価、改善依頼

17:30
退社

MESSAGE
学生のみなさんへのメッセージ

常盤薬品工業は社員の自主性を重んじる会社です。与えられた指示をこなすスタイルではなく、社員の意見ややりたいことを尊重し、後押ししてくれる懐の広さがあります。もちろん責任が伴いますが、それが仕事のやりがいに直結していると感じています。
学生のうちは仕事がどのようなものか、どんなことがやりたいのか、はっきりとイメージが湧かない方が多いと思います。でも、「化粧品や美容が好き!」という気持ちがあれば充分です。当社の商品やブランドに少しでもときめきを感じてくださったら、ぜひ当社の扉を叩いてください!
pic