NOEVIR GROUP RECRUITING SITENOEVIR GROUP RECRUITING SITE

pic pic

常盤薬品工業

総合職(デザイナー)
中井 佑香Nakai Yuka

マーケティング統括部
デザイングループ
2016年入社

デザインを通じてブランドや
商品の新たな価値を創造する

入社の決め手

高校生の時にデザイナーになりたいと思い、大学はデザイン学科へ進学。就職活動を開始し自分は何に携わりたいのかを考えた時、制作会社や広告代理店ではなく、責任を持って自社の商品と長く・深く関わることのできるメーカーに勤めたいと思い至りました。そして興味があった化粧品分野のメーカーを調べる中で当社に出会い、「カラダ・ココロ トキメキ 創造企業」というスローガンに共感したことが、志望動機となりました。
ワークライフバランスも会社選びの一つの要素でした。職業柄、不安定要素が多くなりがちなデザイナー職も、しっかりオフを取れる体制だったので、安心して働けると思いました。
pic

仕事の内容

私は主に化粧品ブランドの商品パッケージ開発を行っています。(現在担当しているのは、メイクアップブランドの「excel」です。)商品開発部門のプランナーが立案した商品とそのコンセプトを理解し、それを基に具象化するのがデザイナーの仕事です。容器・外装のデザインとしての方向性や形状・色・質感などを提案し、理想に近づけるために細部まで何度も検討や試作を重ね、一つの商品に仕上げていきます。 単にデザイン案を考えるだけでなく、プランナーをはじめとする多くの部署や社外資材メーカーさまと連携しながら、スケジュール、コスト、安全性など多方面を考慮して進めていく必要があります。
当社では新人社員も実際の仕事を通してスキルを身につけていくのが特色。もちろん先輩社員がしっかりとサポートするので安心してください。
pic

やりがい・醍醐味

お客さまの喜びに繋がるような付加価値を商品に与えることができた時、とても嬉しく思います。入社して間もない頃、店頭で自身がデザインを担当した商品を手に取ったお客さまが「かわいい!」と言ってくださっているのを聞いた時、鳥肌が立つほど嬉しかったことを今でも覚えています。
デザイナーは自分のやりたいようにするのではなく、ターゲットやブランドコンセプトなどいろいろな条件の中でベストなものをつくることが求められます。私が重視しているのは、商品を提供するメーカーとして、形状へのこだわりを持つデザイナーとして、商品を純粋に愛する一個人としての、3つの視点のバランス。冷静な判断と直感的な閃きを両立しながら、こうした次々と現れるハードルをクリアすることがデザインのおもしろみだと思います。

pic

ノエビアグループで働く魅力

デザイナーとしては、ブランドや商品に強い思い入れを持って取り組めることが大きな魅力です。商品単体は勿論のこと、ブランド全体をどのように成長させていくかというストーリーを考えながらデザインをするのは、難しくもありとても充実したプロセスです。
職場環境はとても温かく、ものづくりへのエネルギーに満ちています。入社前には不安もありましたが、先輩方の温かさやユーモア、商品へのこだわりや厳しさを知り、会社と商品開発への魅力を強く感じました。休暇もしっかりと取ることができ、休日は趣味や習い事などでリフレッシュしています。プライベートの充実は、業務効率化や新しいアイデアにもつながっていると思います。
pic

今後の目標

担当ブランドと一緒に成長していきたいと思っています。ブランドの軸や特色を大切にしながら、現状に満足せず常に一歩先を見据え、お客さまに信頼していただける存在にしたい。自身もインハウスデザイナーとして、そうありたいと考えています。新商品を担うプレッシャーはありますが、それをはるかに上回る達成感とやりがいを感じています。

ONE DAY SCHEDULE
一日のスケジュール

8:45
出社・朝礼

9:00
スケジュールの確認

10:00
会議に向けての準備

11:00
デザイン
プレゼンテーション

デザインの狙いと意図を分かりやすく説明。

11:45
昼食

12:45
打合せ

資材メーカーさまと打ち合わせ。容器の仕様・仕上がりについて詳細に検討。

14:00
確認と修正

印刷サンプル・容器サンプルの確認と修正指示。商品の価値に直結するため、細部まで見逃さずチェック。

15:00
打ち合わせ

ブランド担当者で新商品の打合せ。フランクに意見を出し合って精度を高める。

16:00
デザイン案作成

改善案や課題を踏まえてデザイン案を作成。

17:30
退社

MESSAGE
学生のみなさんへのメッセージ

志望のきっかけは、「化粧品が好き」「人に喜びを与えられるものを生み出したい」など、漠然とした想いでも大丈夫です。好奇心があれば、仕事をする中でものづくりに関わることの楽しさややりがいを実感できるはず。私自身も入社当初、専門的なことは何もわからず無我夢中で仕事をしていました。そこから何件もの商品に携わることで知識を増やし、失敗も経験し、周囲の方々に助けられ、反省を経てまた新しい商品に活かす。それを繰り返し、数年経ちようやくデザイナーとしてのスタートラインに立てたように思います。 「トキメキ創造企業」の常盤薬品で、個性を思いきり発揮してオンリーワンのトキメキを創造してください。
pic