NOEVIR GROUP RECRUITING SITENOEVIR GROUP RECRUITING SITE

pic pic

ノエビア

総合職(研究開発)
吉田 潤平Yoshida Jyunpei

グループ総合研究開発部
医薬品・食品開発グループ
2016年入社

多様な商品の開発に
企画から完成まで関わる

入社の決め手

中学生の時に肌が荒れてスキンケアをするようになったのですが、なかなか自分に合う商品に出会えず、「ないのなら自分でつくろう」と考えるようになりました。 就職活動は化粧品メーカーに絞って行いました。そんな中、ノエビアは取り扱う商品の数が多く、剤型も幅広いところが魅力的でした。そして、外面の美しさだけでなく、内面からの美にも取り組む姿勢に共感して、「ここで開発をしたい」と思いました。
また、研究所見学の案内をしてくださった先輩が素敵な雰囲気で、「こんな社会人になりたい」と感じたことも動機のひとつです。
pic

仕事の内容

主に健康食品と機能性表示食品の開発を行っています。開発の起点は、商品企画部門から企画があがってくる場合と、自分たちで企画を立案する場合があります。どちらもまず提案内容を精査し、処方や原料を選定します。そして風味や形状などの官能面を検討し、試作を進める過程で発生する課題解決に取り組むのが基本的な流れです。
商品が完成すると、商品マニュアルの作成に関わることもあります。こうした業務は商品企画の他に、品質保証や知財に関連する部署、安全性チームなど数多くの方と協力しながら進めていきます。
pic

やりがい・醍醐味

私たちが手がける商品は効果だけでなく、味や剤型、賞味期限、コストなど多くの要素を検討する必要があり、全体的なバランスをとることが重要です。風味などは感覚に個人差があるため、先輩方にも試飲・試食をしてもらい、意見やアドバイスをいただくようにしています。
時には頭を抱えてしまうような壁に突き当たることもありますが、しばらくすると「何とかして解決しよう」という意欲が湧いてきます。これは開発に関わる者の性分ですね。こうした難題をクリアして、商品化に至った時は言いようのない充実感を味わうことができます。

pic

ノエビアグループで働く魅力

さまざまな商品・剤型の開発に携われることが挙げられます。私が所属するグループだけでもドリンク、ゼリー、錠剤、飴などを手がけています。
自分からどんどん企画を提案できることも魅力です。最初は何をつくって良いのか分からず、先輩からアドバイスをいただきながら試作を繰り返していました。すると徐々に自分がつくりたい方向性が見えてきて、提案できるようになりました。目標となる先輩や上司が多く、若手社員もそうした方々と気兼ねなくコミュニケーションをとれる社風も当社の素晴らしいところだと思います。
pic

今後の目標

開発担当となったからには、多くの方に愛用していただけるヒット商品を生みだすことが最大の目標です。そのために健康食品・医薬品にかかわらず、いろいろな商品を開発できる幅広い知識を身につけたいと考えています。そして想定外のことが起こった際にも、迅速・適切に対応できるように成長していきたいと思っています。

ONE DAY SCHEDULE
一日のスケジュール

8:40
出社

通勤中に音楽を聴いて仕事モードに切り替える。

9:00
業務開始

試作の準備を行う。

10:00
試作・測定

処方検討や物性値測定を行う。

12:45
試作・データ整理

試作の結果をまとめ、検討内容をピックアップ。

18:30
退社

MESSAGE
学生のみなさんへのメッセージ

ノエビアの研究所は、グループ会社の商品開発をシームレス行っていることが特長です。開発部門だけでなく知財部門や安全性部門などが同じ建物内にあり、各分野のスペシャリストのアドバイスを受けながら、自分がやりたいことにチャレンジできる環境があります。
これから就職活動をはじめる方は、自分がどんな商品をつくりたいのかを考え、目標に合った会社を選ぶことが大切です。そのために、市場にある商品を手に取って表示や成分の詳細を見てみるのも良いでしょう。そうして出た答えがノエビアグループだった時は力を合わせて頑張りましょう!
pic